電話

よくあるご質問

FAQ

虫歯治療をしたいのに、歯の掃除は必要なの?

歯石の下に小さな虫歯ができていたりするので、歯の掃除をした後に虫歯のチェックを行っています

歯をきれいに磨いて治療しないと、せっかくの治療も細菌が入りこんでしまいまた虫歯になってしまう元になります。歯周病が進んでしまうと歯を失うことになりかねないので、歯の掃除は実はとても大切なのです。

一度治療した歯なのに、どうしてまた虫歯になったの?

一度治療した歯は、また虫歯になるリスクが多いのです。

理由としては、

  • 経年変化で詰め物(プラスチックや金属)の形が変化して隙間できた

  • 接着材料が年数が経ち劣化して詰め物の間に隙間ができた

  • 取り切ったはずでも虫歯の取り残しがあった

などがあります。

隙間ができるとそこに汚れがたまりやすくなり、そこから詰めのもの奥に虫歯が広がっていき、再度治療が必要となります。

通う回数を少なくしたいから一度にたくさん治療をしてほしいが、できないの?

虫歯の大きさによっては2.3か所同時に治療することはありますが、虫歯が大きい場合、ほかのところも治療して、痛くなった場合どの歯が痛いのかわからないので同時には治療しません。また、右側と左側を同時に治療すると、痛くなった時に噛む場所がなくなるために、原則片側ずつ治療していきます。

また、虫歯が大きく神経を取る治療の場合は神経の管をきれいにするためにも通常の治療より回数が多くなります。

歯がグラグラしているが、抜きたくない。抜くしかないの?

レントゲン撮影をして骨の状態も確認しますが、度合いにもより、グラグラした歯があると痛くて噛めないので、抜くことがあります。グラグラした歯を置いておくことでその隣の歯にも悪影響が及ぶことがある場合などは抜くことをお勧めしています。

抜くことになる場合は、抜いた後の治療についてもご説明いたします。

歯ぎしり・食いしばりがあるけれど、治療できるの?

歯ぎしり・食いしばりを続けていると、歯が欠けたり折れたりするため、マウスピースをお勧めしています。
意外とご本人は気づいていない方もいらっしゃいますが、歯が削れているので装着をお勧めすることがあります。ご本人に合わせた固さを考え、型どりをして作製します。

肩こりが楽になったという方もいらっしゃいます。

バックトップ